バグア・チャート風水とは?

4000年以上の歴史がある中国の風水。その種類もたくさんあり、先生によっても解釈の仕方が違ったりするので、風水による回答は必ずしも一つだけではありません。基本的には風水とは方位学や地形、土地のエネルギー、陰陽五行などを用いた奥が深い学問です。本来の風水は毎年地球が自転に伴って、方角が少しずつずれるため、毎年そのずれに合わせて建物、家具などの配置も修正する必用があります。

このような不便さを解消した風水が香港の風水師によって考え出された「バグア・チャート」と呼ばれる9つに色分けしたチャートを使った風水です。誰でも手軽に利用できるので、欧米では人気を呼んでいます。

たとえば恋愛運をアップする場合、このチャートでは自分の家、あるいは各部屋の入り口に立って部屋の右奥が恋愛運のコーナーと考えられています。したがってこのコーナーをチャートの色であるピンクや赤、黄色や白などで飾ったり、このコーナーのエネルギーをアップするための開運アイテムを置きます。

寝室の恋愛運アップ

寝室で恋愛運をアップしたい場合は、まず寝室を居心地のよい場所にすることが第一です。服が散らかっていたり、クローゼットの中が乱雑であったり、物が詰まりすぎているようであれば整理整頓をしてください。そしてエネルギーのバランスの良い、癒されるような部屋にしてください。部屋がきれいになったなら、寝室の入り口に立って右奥をまず見てください。そこが寝室の中で恋愛運を司るコーナーとなります。

そのコーナーに窓がある場合は、カーテンの色をうすいピンクにしてみるとよいでしょう。男性の場合、ピンクを使いにくければ、薄めの黄色か白でもかまいません。
また、この場所に小さい棚やテーブルがあるならば、置物の鳥をペアで飾ったり、憧れの人の写真を飾ったり、ペアのものを置くようにするのがベストです。造花でもよいので薄いピンクの牡丹の花を2本、あるいはバラの花を2本飾るのも効果的です。パワーストーンを置きたい場合は、ローズクォーツを置きましょう。もちろんハート型の置物も2つであればOKです。ただし、色々な物を置きすぎてもよくないので、飾り物は適度な数だけ置きましょう。

布団、枕などの色もピンク系、あるいは黄色や白系でそろえてみると恋愛運はアップします。「只今恋人募集中!」という人には、オレンジ系のピンク(ピーチ・ピンク)をお部屋に多く用いることをお勧めします。寝る前にローズやオレンジ系などのアロマオイルを焚いてみるのもよいでしょう。

ベッドを使用している人は、必ずしっかりとしたヘッドボードが付いているベッドを使用してください。ヘッドボードが柵のようになっていたり、ヘッドボードがないと「後ろ盾がない」「仲が裂ける」などを暗示するからです。もしどうしてもヘッドボードがない場合は、壁に横長のクッションをいくつか並べて置くか、適当な板をきれいな布でくるんで応急処置をしてもかまいません。またベッドを置いた時、ベッドへのアクセスが簡単であることが重要です。置いてある物を乗り越えたり、苦労してベッドに辿りつくようではエネルギーの流れがよくありません。

寝室として使っているのでなく、その部屋でパソコンも使えばテレビも見るというような場合、普段はできるだけその部屋を明るく保ってください。恋愛のエネルギーは「太陽の光」からも得られます。よって日中はカーテンを開けて、しっかりと太陽の光が入るようにします。雨の日や夜は、ライトを使って明るく照らしてください。ロマンチックな照明にするのは寝る前だけにしましょう。赤やピンクのキャンドルを灯すと恋愛運をさらにアップできます。冷たさを感じさせるような絵や写真、色などを寝室に使用するのは避けるようにしてください。

寝室でやってはいけない風水のルール

この恋愛のコーナーにあたる場所には、トゲのあるサボテン、壊れた物、ごみ箱、ゲーム機やテレビ、たくさんの本なども置かないようにしてください。
また、絵や写真を飾るときに1本の木や花、あるいは一人の人間だけが描かれているようなものもよくありません。ぬいぐるみも一つだけ飾るのではなく、必ずペアにして置いてください。単体のものが多いと、自分がいつまでも一人でいたいことを象徴してしまい、恋愛運がアップしません。
大きな鏡をベッドルームに飾っておくのも、ネガティブなエネルギーを引き寄せてしまいます。使っていないときは布でカバーしておくようにしましょう。
寝室の天井の梁がむき出しになっているような場合も、ネガティブなエネルギーを寝ている間に受けてしまいますので、天蓋のように布を天井に張り巡らすなど、工夫をしてみてください。